Home / お客様の声 / ノロウイルスへの対処/腱鞘炎

ノロウイルスへの対処/腱鞘炎

腱鞘炎の症状が出て、右手に湿布を貼ってしのいでいましたが、長引くと仕事に影響するので、前に一度ノロウイルスを体化学という不思議な方法で治してもらい体調が良くなったので、もう一度セッションをお願いすることにしました。

今度は相互部位という方法を使って、左の足首と右手首を交互につかみタップしてもらい、2日後にはなんともなくなりました。腱鞘炎や捻挫は長引いてやっかいなので、早めに施術をお願いしてよかったです。ありがとうございました。
K.S./56歳男性

About kyoko

米国IBA認定ボディートーク施術士、篠原京子です。次世代の医療活動の最先端を行くヘルスケア、ボディートークに興味をもって頂きうれしいです。意識こそがすべての現実の創造者。好ましい現実を創造し、なによりあなたらしく、満足する人生を自ら創造していけるように、さあ、身体に尋ねてみましょう!

こちらもチェック

毒殺された過去生…新展開・マトリックス

あのセッションのあと、あの件は …